好印象を与える面接、受け答えはスムーズに

面接への備え

スーツ男性

受け答えははっきりと

転職活動中には面接を受ける機会が多いもの。ときにコミュニケーション能力も必要とする貿易事務では、明るい人柄を見せることが好ポイントに繋がります。そのため、受け答えは相手にきちんと伝わるようはっきり行ないましょう。

質問を用意

面接ではいったいどのような質問が聞かれるのでしょうか。
聞かれる質問を100%把握することは難しいので、面接トレーニングを積み重ねて質問と答えをいくつか備えておきましょう。定番の質問には「自分の長所」と「その職場を選んだ理由」があります。

相手の目を見て

一度に百名単位で求人応募する工場の場合、一度に複数人で面接を行なうことがあります。その中でも自分の存在をアピールする為には、面接官の目をしっかり見て受け答えすることが重要になるのです。

貿易事務がこなす業務

書類作成

貿易事務の仕事の中でも、多くの時間を費やすのがこの書類作成。貿易現場では多企業と輸出入のやり取りをこなす為に、その際には必ず書類を要します。また、英語で作成することもあるので、語学力はもっていて損はしないでしょう。

通関手続き

国内外で商品の輸出入を繰り返すときは、通関を通り抜けなければいけません。為替差損ということにならないよう、貿易事務の立場は責任重大なもの。その場でも特定の書類を要します。

倉庫の手配

さまざまな企業とのやり取りの中で、商品を保管する倉庫は必須です。貿易現場から近いところを見つけ出し、契約することも貿易事務の大切な仕事。

企業への営業

潤滑な貿易業にする為にも、取引先を増やすことは大事なことです。その為には高い営業力を備え、魅力ある結果を残す為にアプローチしましょう。営業は個人の魅力も大きく関わってきます。

クレームの処理

業務の中で全てが円満に治まるとは限りません。ときに、クレームを受けることだってあるでしょう。そのクレームの対応は迅速に貿易事務が行なうべきもの。トラブル対応の優先度は高めにしておくことです。

広告募集中