自分のスキルが高まる現場

働きながらスキルアップ

取得した資格は面接において有効的なものになりますが、働きながら資格取得に励む人もいます。初めは人材派遣から始め、スキルをどんどん高めながら正社員を目指すこともできますよ。

面接で気をつけたいことBest5

no.1

身なり

相手と約束して会うときには、服装は相手へ敬意を示すものになります。基本的に面接ではスーツが常識だとされているように、相手へ失礼にならない為にも綺麗に整えて出向きましょう。

no.2

言葉遣い

言葉遣いも、身なりと同様に相手への敬意を示すものの一つです。尊敬語や謙譲語を意識して、相手とスムーズに会話を繰り広げられるよう普段から練習してきましょう。

no.3

時間

時間は守って当然のものです。面接にどうしても遅れざるえないときには、事前の連絡が必須。しかし、公共交通機関にも影響を与えられないよう、早めに自宅を出るのが大切ですよ。

no.4

挨拶

挨拶は、相手に対して心を開いていることを現すものです。人は出会って3秒で印象を決めるので、挨拶はハキハキと行なったもの勝ちです。

no.5

忘れ物

面接では履歴書や職務経歴書が必須になります。その他に、必要となるものは事前に知らされる為、当日忘れることがないよう前日までには全て確実に揃えておきましょう。

成功者が辿る道

国旗

未経験者の応募

貿易事務はこれまで経験者優遇とする現場が多かったものですが、最近では未経験者を応募するところも増えてきています。その理由は、取引先として中国企業とのやり取りも増えてきた為に、中国語スキルが欠かせなくなった為です。貿易事務の経験はなくとも、中国語の語学力をもつ人は特に優遇されやすいでしょう。

実践がスキルアップ

実際にこれまで、「貿易事務」という業務についたことがなかったとしても、最近では英語や中国語といった語学力がある故に採用されやすい傾向にあります。初めての現場にトライすることは緊張するものですが、スキルアップする為にはやはり実践あるのみと言えます。働きながら資格取得する人もいますよ。

応募は早めに

貿易事務の中には、年に2回の賞与に土日祝日休み、など嬉しい優遇条件がついてきます。それ故に貿易事務にはたくさんの求人応募がやってきます。その為、求人情報を見つけたときにはためらわず、即動くようにしましょう。

実務経験3年以上

貿易事務はその名前の通り、貿易現場で働く事務です。未経験者を積極的に採用するところがある傍らで、事務経験を3年以上もつ者に限るところもあります。やはり実績を積んでいる人の力は強く、現場でも即戦力となる存在になり得るでしょう。

必要なスキル

基本的に語学力は欠かせません。その他には、先に挙げたように実務経験を要するところもありますが、さらに貿易実務検定に合格していることも強い武器になります。近年は準A級を廃止し、新A級というランクが登場しています。求人応募する前に取得しておくと、転職成功率がアップすること間違いなしです。

広告募集中